英語のヒミツ                          by Leila

海外経験も度胸もない”平均的日本人”が英語をしゃべれるようになるために

★英会話個人指導:翻訳 承ります★SkypeやFacetimeなどで全国対応もできます

1 前書き
2 まずは「発音」が大基本!!
3 なぜ聞き取れないか
4 とりあえず母音は気にしなくていい
5 子音その1 {th]
6 子音その2 [r]と[l]
7 子音その3 [t]と[d]
8 子音その4 [v][f][b[[p]
9 子音その5 [s][sh]
10 モチベーションを維持するために
11 達成感を得るコツ
12 音読の効用
13 英語の俳句の話
14 子音同士がくっついた発音(1) T+R
15 子音同士がくっついた発音(2) その他+R
16 子音同士がくっついた発音(3) +L
17 ストレスの話
18 音の長短(リズム)が最重要!!
19 具体的なリズムのコツ
20 単語同士がくっつくとき
 
 
*
→文法篇へGO!
*
最新の記事はブログにて 質問等も受け付けています。
 

◆子音については、まず5項目だけ!

それではここで、子音の発音について少し具体的に説明したいと思う。(注:ここでは子音を原則として普通のアルファベットで表記してしまっているが、本来は発音記号で表記すべきところである)

ところで、ここで「有声音」と「無声音」について知っておいて欲しい。 有声音、すなわち「声のある音」に対し、「無声音」声のない音、というのはつまり、息の音だけだということだ。母音はすべて有声音なので、日本語には無声音は基本的にはない。だからこれも「そういうものがある」ことを特に意識する必要があるかもしれない。無声音が息の音だけであるのに対して、有声音では声帯が震えて声が乗る。 英語の場合、多くは同じ発音の仕方の有声音と無声音がペアで存在する。「t」(無声音)に対して「d」(有声音)、「p」に対して「b」、「f」に対して「v」のように。だから発音の仕組みを覚えるのは、数にして半分で済むのである。

さて、「ラクして効率よく」の原則に従い、優先順位を考えてみよう。 発音の仕組みをきちんと覚えなければならないのは、とりあえず

1)「th」・・有声音も無声音もある。 これと「s」「t」を対比させながら覚えよう。

2)「l(エル)」と「R(アール)」(両方とも有音)これら、および日本語の「らりるれろ」音とを対比させながら覚えよう。

(3)「t」&「d」 語尾で聞こえないことの多いこれらの音の存在が分かるようになろう。

4)「v」&「f」  これらを「b」&「p」と対比させながら覚えよう。

(5)「s」と「sh」を区別して発音できるように。

他にも子音はあるが、日本人がとくに苦手なものはこのくらいのはずだ。 ほら、たったの4項目である。まずはこれらを「認識」するだけで音の正体が分かる。あとはいつでも正体がつかめるように認識力を養う、つまり実際に自分で何度も発音してみて、できるようになるだけである。

 

★子音の発音(1)歯と舌を摩擦させて出す「th」

日本語のシステムに存在せず、日本人が認識できない音の筆頭がこれだ。 これが分からないと、数すら聞き取れない。3"three"系の(13thirteennとか30thirtyとか)音が分からなくなるから。33,なんて言ったらお手上げである。1000つまりthousandも分かりにくいかも。

サンキューと言えばありがとうという意味だと、幼稚園児でも知っている。が、もちろんこれとて日本人はsan-kyuu と発音していて、thank youとは聞こえない。耳のいい人は、ネイティブの発音を聴いて「テンキューとも聞こえる」と言う。 そう、thの発音は「s」と「t」の中間だから(そしてそのあとの母音はアとエの中間の発音だから)日本語で無理矢理書き表すと「サンキュー」とも「テンキュー」とも取れる音なのだ。

s」と「t」の中間の発音、というところがツボである。

「s」は、舌先はどこにもつけず、歯と歯の間から息を出す音だ(それに声を載せると有声音のzの音になる)。 「t」は、舌先を上の歯(歯茎)の裏にくっつけて、それからはじいて音を出す。 「th」は、舌を上下の歯の間にはさむようにし、歯と舌の間で、摩擦音を出すのだ。舌と歯を離せば「s」になるし、くっつければ「t」になるが、その中間である。(図参照)。

「でも、テンキューだろうがサンキューだろうがthank youだろうが、分かるからいいじゃん」 というのは例によって間違っている。独立しているから聞き取れているだけで、文章の中にthが混ざったら識別はかなり難しく、上に述べたように数字ですら理解できないことになってしまう。 語尾に「th」が来るとますます聞き取りにくい。withは「ウィッ」としか聞こえないしmonthは「マン」だ。

ネットで探してみると、いやあ最近はすごいねえ、ちゃんと音声で「th」と「s」の音の違いなどが分かるようになっているサイトもある。 分かりやすかったのは、ここ。 全部英語で書いてあるが、発音記号がまず大きく掲げてあり、その後にその音を含む単語の例が載っている。その項目中のリンクをクリックすると、quicktimeやshockwave利用で、ビデオによる発音例(口の中まで見えないので分かりにくいが)が見られたり、似た音を聞き分けるテストにトライしたりできる。おすすめ。th音については、一番最初の(やっぱりね)2項目である。

こんなサイトを利用して音を確認しながら、実際に手近にある英文(音声材料があるもの)を利用して、しばしトレーニングしよう。大きな声で英文を音読する。thの綴りにあらかじめマークをしておくといいだろう。その部分にきたら、とにかく発音の仕組みを意識して、不必要な母音が混じらないように注意して丁寧に読む。自分で読んでは、音声教材を聴く。これを繰り返していくうち、次第に感じがつかめてきて、字を見なくてもthの音の存在が認識できるようになるのはすぐである。