英語のヒミツ                          by Leila

海外経験も度胸もない”平均的日本人”が英語をしゃべれるようになるために

★英会話個人指導:翻訳 承ります★SkypeやFacetimeなどで全国対応もできます

1 前書き
2 まずは「発音」が大基本!!
3 なぜ聞き取れないか
4 とりあえず母音は気にしなくていい
5 子音その1 {th]
6 子音その2 [r]と[l]
7 子音その3 [t]と[d]
8 子音その4 [v][f][b[[p]
9 子音その5 [s][sh]
10 モチベーションを維持するために
11 達成感を得るコツ
12 音読の効用
13 英語の俳句の話
14 子音同士がくっついた発音(1) T+R
15 子音同士がくっついた発音(2) その他+R
16 子音同士がくっついた発音(3) +L
17 ストレスの話
18 音の長短(リズム)が最重要!!
19 具体的なリズムのコツ
20 単語同士がくっつくとき
 
 
*
→文法篇へGO!
*
最新の記事はブログにて 質問等も受け付けています。
 

{◆なぜ聞き取れないか    
〜日本人の(大人の)脳が認識できない音だから

そもそも、 「発音できない音は聞いても認識できない」 というのが原則だ。 英語には、日本語のシステムに存在しない音が多用されている。"th"とか"r"とかl"、"f"や"v"がその代表であるが、実はこれ以外でも、というより殆どの音が(!)日本語のシステムに存在しないと言ってもいいくらいなのである。

Do you like spaghetti?

例によって字で見れば簡単だ。だがこれを何の状況設定もなしに聞いてもらっても、多くの人は首を傾げる。かろうじてDo you likeの部分が認識できる人はまあ少なくないが、その後の部分が日本語で言う「スパゲッティ」であると聞き取れる人は、英語のビギナーにはなかなかいない。 「ドゥーユーライク・・・・ゲ・・リ?」 たいがいの人がこういう反応だ。 spaの部分がほとんど聞き取れない。sとpの間に母音がなく、pのあとのaも非常に弱い母音なので、無声音であるsとpだけでは、日本人の脳は認識できないのだ。

日本語をローマ字で表記するとき、母音以外は、ka ki ku ke ko のように、2つのアルファベットで表すことになる。子音+母音、ということで、それが日本の文字では1文字という最小単位となっている。つまり日本語の音には、必ず母音が含まれているのだ。日本人は「母音を認識している」のである。 だが、欧米語ではアルファベットの1文字が1つの音として認識される。母音を伴わない子音だけの発音が当然あるのである。「ストロング」と言えば、sutoronguで、母音は4つある(nは母音でも子音でもない)。 が、英語のstrongには母音はたった1つ。母音を認識する日本人の耳には、真ん中の「ron」しか分からない。かろうじて最初のSの息の音が聞こえても He's strong!は 「ヒズ ソオン?」 としか聞こえず、なんじゃそら、となる。 母音をつけた状態でなら日本語にも存在する k, s, t, p, g, z, d, b,なども、子音として独立した状態では「日本語には存在しない」音となり、日本人の脳が認識しない。

ではどうしたらいいのか? 
トレーニングするしかない、のである。

 

◆大人は”知性”を駆使せよ!

そういう、「普通には認識できない音」を認識するために、正しい発音を理屈で知ってトライしてみる、という必要が出てくる。 「発音できない音は認識できない」 というのはちょっと言い過ぎかもしれないが、きちんと発音してみることこそが、結局は耳で聞いて認識するために一番効果的で簡単な「練習」なのである。 「ネイティブのようにカッコよく」しゃべることが、発音に取り組む目的ではないのだ(だから、実際にしゃべる場面になったなら、細かいことを忘れたとしても構わない、というか、忘れたほうがいい)。

まだ母国語のシステムが確立しきっていない上、そもそもが大人とは比較にならない吸収力を持つ子供なら、耳で聞いたものを認識し、無意識にその発音を真似ることができるが(運動能力の未発達ゆえに舌がまわらないとしても、その仕組みは捉えている)大人はそうはいかない。 大人は、はじめのうちはしっかり知性を駆使して、発音の仕組みを覚えなくてはいけないのだ。たとえばthとはどういう音で、どういう舌の位置、動き、息の使い方によって音が出るのかを知り、その上で実践的にやってみなくてはいけない。

こう言うといかにも難しく聞こえてビビるかもしれないが、そうはいってもほんの限られた数のことである。 日本語のシステムにむりやり当てはめて自己流の発音をしてしまっていると、結局認識できないままになってしまう。 まずは「違いがある」ということをしっかり把握すること。そして発音する仕組みを知性によって知ること、そしてそれを意識しながらCDなどの音声教材を真似るという形によって練習すること。 はじめは億劫に思えるだろうが、とにかくここをしっかりやっておけばあとの上達が全然違ってくるのであるぞよ!

たとえば。 and, butなどの接続詞は中学1年生でも知っている。というか、たぶん小学生でも知っている。だが、ほとんどの人が ando, buto と発音する。実際にしゃべるときには発音は気にしなくてもいいと言ったが、ほとんどの人が、「あんどーー」「ばっとーー」と、必要以上に語尾の母音(ないはずなのに)を強調するかのように発音するのにはさすがに苦笑。ネイティブの講師たちもそのあたりを笑い話的にとらえ、日本人の物まねをするときはわざと「あんどー」と言う。
ま、それはともかく。

salt and pepper

これを読んでみて、と言えばほとんどの人が 「ソウト アンド ペッパー」と言う。だがこれも実際は 「サウタンペパー」 と発音される。andは「ン」でしかない。 じゃあネイティブが、aもdも発音していないのか、と言うと、そんなことはない。 語頭の 「a」 は前の語のお尻にくっついてしまうとしても、語尾の「d 」だってちゃんと発音されているのだ。が、聞こえない。 しかし、その「d」 の音を理屈で、つまり舌を上顎にくっつけて止める、という仕組みを知って意識して発音してみると、その聞こえなかった「d」の音が分かるようになる。聞こえていなくても、そこには「d」がある、と分かるようになるのだ。 自分でそのように発音してみないで、それが聞こえるようになるというのは至難の業である。時間がかかる。 自分でともあれ「形」を作ってやってみる、ほうがはるかに速く、手応えもあるのである。 最近の私のモットーのひとつは、「形からはいる」ってことでもあるから。いや、これ有効なんですよ。精神は形についてくる。って話がちょっと大げさにそれ気味か。