英語のヒミツ                          by Leila

海外経験も度胸もない”平均的日本人”が英語をしゃべれるようになるために

★英会話個人指導:翻訳 承ります★SkypeやFacetimeなどで全国対応もできます

1 前書き
2 まずは「発音」が大基本!!
3 なぜ聞き取れないか
4 とりあえず母音は気にしなくていい
5 子音その1 {th]
6 子音その2 [r]と[l]
7 子音その3 [t]と[d]
8 子音その4 [v][f][b[[p]
9 子音その5 [s][sh]
10 モチベーションを維持するために
11 達成感を得るコツ
12 音読の効用
13 英語の俳句の話
14 子音同士がくっついた発音(1) T+R
15 子音同士がくっついた発音(2) その他+R
16 子音同士がくっついた発音(3) +L
17 ストレスの話
18 音の長短(リズム)が最重要!!
19 具体的なリズムのコツ
20 単語同士がくっつくとき
 
 
*
→文法篇へGO!
*
最新の記事はブログにて 質問等も受け付けています。
 

◆まずは発音が大基本!

イッ クートゥディ イズニッ?

↑これを見て(読んで)意味が分かった人は英語がしゃべれる日本人であろう。
「きょうは涼しいですね」と言う意味の
It's cool today, isn't it?
をできるだけ本物の発音に近いカタカナにしてみたものだ。 だが、英語が話せないという人はこのカタカナで表される発音を聞いたとき、その正体が分からない。ところが、文字にして書いてもらえば 「ああ!」 英語についてある程度の知識があるというレベルの人なら、意味は分かる。 だが、これを字の助けなしに聞いたらさっぱり分からない。 だが、あたりまえだが会話をしているときいちいち字の情報はないわけで、そこに大きな問題がある。 会話は字ではなく音でするものなのに、肝心のその「音」が分かっていなければ、会話ができるわけがないのだ。 もちろん中学や高校で音に関する学習をしないわけではない。最近ではずいぶんそこに力を入れているようなので、以前に比べれば学校英語を通じて英会話までできるようになる条件は整っているし、そういう若い人も多いと思うが、少し前の英語教育を受けた人間はその点にハンデがあることが多い。 冒頭にあげた文を、多くの学校英語の現場では 「イッツ クール トゥデイ イズントゥ イットゥ?」 と読ませてしまう。が、実際にそんなふうには発音されないのである。 日本人が英会話ができるようになるための、最初の「土台」はなんといっても、「音」の認識である。

◆細かいことは気にしないで堂々としゃべれ!は正論だが

フィリピンやインドネシアや、そういうアジア諸国ではしばしばその国のトップクラスの人々が、英語をとてつもなくなまった状態で堂々としゃべっている。国際会議などでは様々になまった英語が飛び交っていたりする。それでも通じるのだから、日本人も堂々と日本語的発音でしゃべればいいのだ! 英語圏の人間たちのマネをしようとするからしゃべれんのだ! と主張する人もいる。発音も日本語式であっても構わない。文法の細かいところ、つまり冠詞とか前置詞とか、そんなことも気にする必要はない。そういうことにこだわるから英語アレルギーになるのである、と。学校でも、日本人には堂々と日本式英語を教えればいいのだ!

一見正論だ。たしかにそういう部分もあろう。だが、私はそれに全面賛成はできない。 逆説的に言えば、その方法で英語がしゃべれるようになる人は、まあいるとは思うが、かなり「頭のいい人」だと思う。細かいことは気にしない、にしても、英語の文の構築の仕方をいちいち、しかもとっさに、論理的に考えながら文を作ってしゃべることができてきた人だ。 あるいは、なにはともあれ英語をしゃべらなければならない環境にいきなり置かれてしまった人、かもしれないが。

だがそうでない大多数の人にとって、発音をないがしろにしたまま英語がしゃべれるようになるというのはかえって難しいことだと思う。 アジアなどの一部の国で、人々がなまったままで英語をペラペラしゃべる、というのは、それらの国にはそういう英語をしゃべる人々のコミュニティが存在する、ということである。政治や経済のエリートの世界であれ、観光産業に(いかなる形であれ)関わる庶民であれ、実際にその英語を使って毎日コミュニケーションをとる環境が存在しているのである。なまっていようがなにしようが、彼らにとってはそれが英語で、それで母国語と同じくらい(あるいはインドのようにそれがまさに公用語であることもある)、たいして考えることなしに言葉が口から出てくるぐらいに流暢にしゃべれるのだ。それはあたりまえである。 もう既に、考えることなく口から出てくるぐらいのレベルになっていれば、欧米の発音の英語を聞いても理解できる。聞いたことがなくても方言をある程度理解できるのと似たようなものだ。細かい音が分からなくても、前後関係や文法的知識を無意識に応用してだいたい理解できる。

だが日本ではそれがない。 もし日本語的発音のままで英語がしゃべれるようになりたいなら、そういう英語を日常的に(←これ大事、限られた時間ではあまり意味がない)しゃべるコミュニティを作るしかない。しかし今更そんなことは現実的ではない。 ようするに、語学の習得は、お手本の模倣と応用に尽きるわけだが、私たちにとって一番身近な「お手本」とは欧米の英語なのである。 自分たちの勝手な発音システムを維持したままでその「お手本」を模倣するのはむしろ難しいことだ。 だから、日本人英語のままではいけないのである。

◆実践の場では発音はどーでもいい

発音が一番の土台、とは言ったが、誤解しないで頂きたいのは、 「つねに正しい発音でしゃべらなければいけない」 と言っているわけではない、ということである。 「発音なんかあんまり気にしないで、文法的な細かいことも気にしないで、とにかくしゃべれ」ということ自体はまったく正しい。たしかに日本人の欠点として、細かいことにとらわれて英語が口から一言もでてこないというようなことは多いと思う。が、実際にしゃべるチャンスがある場合には、細かいことにとらわれて言葉が出てこないよりは、日本人英語の発音バリバリでもなんでも、とにかくコミュニケーションを図ろうとするほうがいい。コミュニケーションというものは言葉のみで行うわけではないし、大概の場合、ひどい発音であってもなんとか通じるものである。

だが、ネイティブスピーカーの友人や恋人ができるとかでそういう状態が日常的に続くのでもない限りは、そこから進歩して「英語がしゃべれる」と言える状態になるのは容易ではない。 それにまた、日本人の中には、「とにかくしゃべれ」とか「間違いを気にするな」とか言われてもなあ・・・という人も多いと思う。

度胸があり、恥をかいても気にしないという性格の人は放っておいても必要があれば英語が上達する。ほんとうは、そういう性格になれ!というのが英語上達に有効なアドバイスなのだろうが、いや、それはかえって難しいよね。 最近つくづく思っているのは、英語に限らず、性格や考え方を変えることが有効だったり必要だったりすることはたしかにある、だが、それを「変えろ」と言われ「変えよう」とすぐにできるくらいならだれも苦労しない、ということだ。最終的には、性格やものの考え方を変えることを目指すのだが、その方法論として、少しだけ回り道に見えるが、とっつきやすくかつ具体的な行動をとったほうがいい。たとえば、度胸をつけるためにはまず先に自信が持てるように自分である程度トレーニングをしておく、ということだ。具体的な成果がわかりやすい方が、結果的には早いのである。そのためには、英語については「発音を意識する」ということが第一歩だと、私は思うのである。