英語のヒミツ                          by Leila

海外経験も度胸もない”平均的日本人”が英語をしゃべれるようになるために

★英会話個人指導:翻訳 承ります★SkypeやFacetimeなどで全国対応もできます

1 前書き
2 まずは「発音」が大基本!!
3 なぜ聞き取れないか
4 とりあえず母音は気にしなくていい
5 子音その1 {th]
6 子音その2 [r]と[l]
7 子音その3 [t]と[d]
8 子音その4 [v][f][b[[p]
9 子音その5 [s][sh]
10 モチベーションを維持するために
11 達成感を得るコツ
12 音読の効用
13 英語の俳句の話
14 子音同士がくっついた発音(1) T+R
15 子音同士がくっついた発音(2) その他+R
16 子音同士がくっついた発音(3) +L
17 ストレスの話
18 音の長短(リズム)が最重要!!
19 具体的なリズムのコツ
20 単語同士がくっつくとき
 
 
*
→文法篇へGO!
*
最新の記事はブログにて 質問等も受け付けています。
 

{◆実は、1番大事なのは「リズム」!

 さて、個々の発音自体についての話はそろそろ一段落だ。子音+子音のパターンはまだほかにもわずかにあるし、母音については全然話をしていないが、この一連のエッセーの当面の目的は「ネイティブみたいにかっこよく発音できること」ではなく、発音の仕組みを分かることで正体が分かるようになり、聞き取りができるようになることなので、発音を完全に網羅する必要はないと私は思っている。

母音も、たとえばhurtとheartはカタカナなら同じ「ハート」と表記されるだろうが実は母音が違っているわけで、それを聞き分けることは大事といえば大事なのだが、そのくらいのことは文脈からだって大概の場合は判断できる。しかし母音を伴わない子音については「聞き分ける」以前の問題で、日本人のオトナの耳には存在が認識されないことすらあるので、その存在を認識できるようになるのが大事なのである。

…と以前に書いた。で、英語の学習に発音は大事、とも書いたが、実を言うと一番大事なのは発音というより「リズム」であると私は信じている。これからいよいよそのことについて話していこうと思う。実はこれからが本番、なのである。 だが、リズムを作る基本として、音節のことは避けて通れず、それを話すためには、英語は日本語のような<子音+母音>の組み合わせを単位としているわけではないことを十分に分かってもらう必要があったために、まず子音の発音に集中してきたのだ。

上述のように母音の発音の違いは割にどうでもいいと私は思っているのだが、これも前に書いたように、中学や高校のテストで「発音問題」といえば母音の違いを問うものばかりで(それしか問題にしようがないのだが)、はっきりいって無意味に近いものである。だが、発音問題と大概は並列してでてくる「アクセントを問う問題」はけっこう重要だ。

英語のアクセント−−いや実はアクセントという語は英語では「クセ・訛り」に近い意味で(あの人の英語はオーストラリアン・アクセントがある、というように言う)、日本語でいうアクセントのことは「ストレス」と言う。もちろん「仕事のストレスがたまっちゃってさあ」のストレスと同じ語で、つまり「強い力がかかること」をストレスと言うのである。 英会話を学ぶのにはストレスがないほうがいいが、ストレスはものすごく重要だ……もちろん前者は「精神的ストレス」であり、後者は単語のストレス、ということだ。

さて話を戻して、英単語のストレスだが、困ったことに一筋縄ではいかない。たとえばスペイン語のようなラテン語系の言語などでは、単語のストレスは大概の場合一定である。綴りと同様、一定の規則にのっとっているのだ。だから初めて見る語でもストレスの位置は難なく分かる。その規則にのっとらない例外の語なら、綴り上でそれが示される。ストレスを示す記号が綴りに織り込まれるのだ。 が、英語はラテン語やゲルマン語などルーツが混ざってしまっているために、単語によってストレスの位置が違ってしまう。そしてそれを綴り上で表す手段もない。だからひとつひとつ確認していくしかない(ある程度は、似た形の語は似たパターンのストレスを持つとは言えるのだが)。 まったくねえ、あのときスペインがイギリスに勝ってさえいれば…(←しつこい)。

それでも頑張ってそのストレスを覚えるしかない。とても重要なのである。個々の発音自体が多少アヤしくても、ストレスがしっかり分かっていれば相手に通じるし、その逆も言えるのだ。 ときどき生徒さんの中でも、なにか英語で言いたいのだが単語が思い出せず、日本語のまま妙なアクセント(この場合はアクセントでいいのだ)をつけて言ってみたりする人がいる。
「I went to…え〜〜と、なんだっけな…、えーとえーと…オンセーン」
気持ちは分かるぞよ。 あるいは、外人が日本語をしゃべるとき、という状況を戯画的に言うとたいていは
「ワッタシー、ニッホンゴ、ワッカリマッセーン」
と、これまた妙なアクセントをつけて言うのが「お約束」である。 しかしここにこそ、非常に本質的な現象がある。英語というのは、そのように語の一部が強調されて「ワッ」カリマ「セーン」のように言うものだ、と認識されていて、それは正しいのである。

かつてニューヨーク出身の友人に、ニューヨークでは「布団」が結構流行っているんだってね、という話をしたことがある。東京ほど酷くはないにしても住宅事情の豊かでないニューヨークでは、スペースの節約できる布団がベッドよりも便利でおしゃれだと人気がでてきて、専門の店もできているというのだ。それはある雑誌の記事で読んだのだが、ニューヨークでも布団は「futon」で通じる、と書いてあったので、そのまま使ってみた。だが、通じない。おかしいな、彼女は知らないのかな、と思いかけたが、とうとう彼女は理解した。
「Oh! 『ふっ』とん!」  
fのあとのuにストレスを置かないと認識されなかったのである。認識されてからは「そうそう、私の友達もfutonのファンで」と話は進んだ。

あるいは、「地球の歩き方」の旅行体験記のようなものを読んでいたら、英語がしゃべれないけれども行き先さえ言えればタクシーでどこでも行けるだろうと思ったが、当時有名だったディスコのOasysに行きたくて「オアシス、オアシス」と連呼したけれど全然理解されず、ついに紙に書いて見せたら「Oh! オゥエイシス!」と言われ、分かってもらえた、という話が載っていた。それは決してオィ「エイ」シスでなければならなかった訳ではない。「エイ」となるのはそこにストレスがあるからで、オ「アー」シスと言っても、とにかくその部分にストレスがあれば通じるはずである。

私たちにとって子音に母音がつかないと認識しにくいのと同様、彼らにとってはストレスがなく平板に言われると認識できないのだ。

さて、では、ストレスとは具体的になんなのか。 言われてみればあたりまえに感じるかもしれないが、英語のストレスとはリズムの基盤である。「強く」発音するというよりむしろ「長く」発音すると言った方が分かりやすいかもしれない。

「タチカワ」と日本語で言うとき、4つの文字つまり4つの音節はほぼ長さが同じだろう。だがこれを「外人風」に言うと 「タチカーワ」と言いたくなるはずである。もちろん、カにストレスがある、というわけである(なぜ無意識に「カ」にストレスを置きたくなるのかはよく分からないが、ターチカワでもタチーカワでもタチカワーでもないだろう。いやタチーカワならあるかもしれないか)。

上記の「ふっとん!」では、ふのあとに「っ」を置いてはねる音のように表記したが、これもつまり、「ふ」の後に半拍ほどのタメがある、ということなのである。 いずれにしても、英語という言語は、音が長いか短いか、つまり「リズム」に大変な重要性がある言語なのだ。

それに対して日本語は、リズムはもちろんあるにしても、長短の組み合わせではない。俳句や短歌が575とか57577とかになるのは、拍の数の問題で長さではないのだ。拍自体はほぼ均等な長さである。が英語では拍自体の長さが違う。以前に英語の俳句について触れたが、そういうわけで、音節の数にこだわって英語でも5−7−5の音節にしようとしても、拍の長さが違うので日本語俳句のようなリズムに聞こえないのだ。 (ちなみに、日本語の場合はリズムよりむしろ「音程」が重視される。「ハシ」が「箸」なのか「橋」なのか「端」なのかは、音の高低、つまり音程のパターンで認識されるのである)

そして、長い音と短い音の組み合わせ、というリズムはつまり、「ターンタタ」や「タターンタ」というスィングのリズムである。音符で書き表せば付点音符や休符と組み合わせるパターン。 このリズムが日本語と決定的に違うため、慣れないと聞き取りにくいのである。リズムに慣れてしまうと、その波に乗っかって聞けるため、弱い(つまり短い)ところも楽に聞こえてくるようになる。 また、学習に際してはフレーズや例文を「暗記」することがものすごく重要になるのだが(なぜ重要かはあとで述べるが、とにかく重要なのだったらなのだのだ!!今はともかく「そうか暗記が重要なのか」と私を信じるべし)、それにしても、タドタドしくリズムに乗らない読み方をしているうちは覚えるのも難しいものである。リズムが良くなれば暗記も飛躍的に易しくなる。口が覚えてくれるからね。