英語のヒミツ                          by Leila

海外経験も度胸もない”平均的日本人”が英語をしゃべれるようになるために

★英会話個人指導:翻訳 承ります★SkypeやFacetimeなどで全国対応もできます

1 前書き
2 まずは「発音」が大基本!!
3 なぜ聞き取れないか
4 とりあえず母音は気にしなくていい
5 子音その1 {th]
6 子音その2 [r]と[l]
7 子音その3 [t]と[d]
8 子音その4 [v][f][b[[p]
9 子音その5 [s][sh]
10 モチベーションを維持するために
11 達成感を得るコツ
12 音読の効用
13 英語の俳句の話
14 子音同士がくっついた発音(1) T+R
15 子音同士がくっついた発音(2) その他+R
16 子音同士がくっついた発音(3) +L
17 ストレスの話
18 音の長短(リズム)が最重要!!
19 具体的なリズムのコツ
20 単語同士がくっつくとき
 
 
*
→文法篇へGO!
*
最新の記事はブログにて 質問等も受け付けています。
 

{◆子音どうしがくっついてしまうときの発音(1) t+r

さてさて、こんどこそ。 子音同士がつながってしまって聞き取れない部分の具体的な解析だ。 もちろんたくさんあるが、まずは代表的なものとして、子音にR音がつながるものを取り上げよう。

その中でもよくあるのは、T+Rである。カタカナ語になっている単語にもたくさんあるのだ。
「トレーニング」「トラディショナル」「トリップ」「トロンボーン」すべて、tr−ではじまっている。 traning, traditional, trip, trombone 同じ系統で、D+Rというのも多いだろう。 「ドライブ」「ドリンク」・・・もちろん、drive, drinkである。   

これまでに述べたT(D)の発音の仕方と、Rの発音の仕方を思い出して欲しい。母音が混ざらないように注意して、舌を歯の後ろに一瞬つけて、すぐはじくと同時に、舌をぐっとうしろに引く。 もう一度思い出して欲しいのは、英語では、口の中の、とくに前後の動きというのが日本語とは比べものにならないほど活発で、口の奥の方をよく使うということだ。日本語は口先だけでしゃべれてしまう。だから日本人は本音を言わず建前だけをしゃべる……って、そういう話じゃないってば。

冗談はともかく、ためしに意識してみて欲しい。日本語をしゃべっているとき、口の奥の方は全然使わない(もちろん声帯は別)。舌は、タ行やラ行でわずかに動くが、それ以外の時はほとんど動かない。 よく、英語らしい発音をしたいと意識しているらしいが、そのためにどうも発音が妙にゆがんだような感じで妙になっている人がいるが、その原因は、日本語と同じぐらいの口先だけで英語の発音をまねようとしているせいであると思う。

ここでも発想を変えなければいけない。普段使わない、口の奥の方を意識して動かさなければいけないのだ。 そう意識して、tr−やdr−を発音してみよう。舌が前後に激しく動く。 train training triangle(トライアングル) tree truck trick drink drive drugstore drop dream などなど。

初めのうちは「言葉」「声」であると思うより、「音」を出す、という意識をするといいかもしれない。舌を動かして、息で音を作る、という感じ。 ここでは音声材料を提供できないが、手に入る音声教材を利用して、注意して聞いてみて欲しい。

訓練のひとつのアイデアだが、テキスト原稿が手に入る音声教材を使って、あらかじめ、その日に注目する音(綴り)のところに鉛筆で印を付け、そこに集中して聞き、練習する。別の日に別の音に集中するときは、それを消して新たに印を付け直す。 まずはtr-とdr-をやり、その後(あとで触れるが)thr−とか、pr−とかcr−、に注目を移していく。それから今度はL音が続くcl−とかpl−とかに移り…と順番にやっていく。

練習の時は、いささか極端にやるくらいがいい。普段使っていない動きをするのだから、よけいに大きく動かしてそのあたりの筋肉をほぐしたほうがいいし、大きく動かして初めてその感覚がつかめるというのもある。なれてきたら少し控えめにするよう戻していけばいい。速さを追求する必要はない。むしろゆっくり、大げさにやるべきだ。

話は唐突に変わるようだが、かつて私の英語のバイブル(?)は「ウエストサイドストーリー」だった。50年ぐらい前のミュージカル(映画)だが、何度もリバイバルされ、今見ても新鮮な感動(先日BSでやっていて、つい観て泣いてしまった)。中学生ぐらいのときにそのサントラ盤を手に入れ、繰り返し繰り返し聞いた。そして歌詞もほとんど覚えてしまって一緒に歌っていた。 

この物語のヒロインは、出身がプエルトリコで、その英語はものすごくスペイン語訛りが強い。とくに、Rの音は完全に巻き舌になっている。Your heartが「よあ はーと」ではなく「よある はると」と聞こえる。Charmingは「ちゃーみんぐ」ではなく「ちゃるみんぐ」である。しかし私はそれが妙に気に入ってしまった。ヒロインや、その仲間が歌い上げる、巻き舌Rバリバリの歌を、一生懸命真似して歌った。 結果的に、それがむしろ良かったような気がする。幼い頃からの訛りというわけではないから、普段の英語がスペイン語っぽくなるほどまでしみつきはしない。むしろ、Rの発音を「極端に、おおげさに」強調して練習したような効果が生まれたのだと思う。巻き舌も舌を後ろにひかないとできないのだ。しかもミュージカルの歌とあって、半分はせりふで、それでも歌だからリズムもイントネーションも大げさで、かつ印象深く、R音に限らず、「大げさに練習する」のには全体に大きく役だったように思う(最近はDVDでさえ2000円以下で手にはいるので、ぜひ「ウェストサイドストーリー」を見てみてください。お勧めです)

スペイン語といえば、私はかねがね、その昔スペインがイギリスに負けなければ、日本人はもっとラクができた、という仮説を持っている。つまり、イギリスではなくてスペインが世界中に進出し、英語ではなくスペイン語が世界の共通語のような地位になっていたら、ということである。 スペイン語は、少なくとも発音の点においては英語よりはるかに日本人にとって易しいと思える。母音が多く、それもほぼ日本語のアイウエオと同じである(英語のようにアとエの中間だとかオとアの中間だとかいう音はない)。 子音のあとに母音がくることが多く、子音+子音のつながりは、全くないというわけではないが、英語ほどではない。 巻き舌のRにさえ慣れれば、あとは楽である。 というわけで、スペイン語が世界にノシていれば、日本人にとっては習得も比較的容易で、そのため日本人がもっとガンガン世界に出て行けていたことであろう(もっとも今でも世界のスペイン語人口は非常に多いのだが、いまひとつ経済的にぱっとしない国ばかりだ。これはラテン気質のなせるわざ、なのかもしれないが…)。